便秘対策に必要なオリゴ糖の量

便秘対策のためにオリゴ糖を摂取するならどれくらいの量が最適?

便秘対策に効果的なオリゴ糖は、毎日最適な量を摂取することが大切です。

 

オリゴ糖は便秘改善やダイエット効果、アレルギー対策として用いられることがあるでしょう。

 

オリゴ糖には様々な種類があり、使用目的によって最適な摂取量も異なってきます。

 

便秘対策にはオリゴ糖をどれくらい摂取すれば良いか?

 

オリゴ糖の中でもよく知られているフラクトオリゴ糖は、玉ねぎやゴボウ、バナナなどの食品に含まれています。

 

難消化性のフラクトオリゴ糖は、大腸まで届き善玉菌であるビフィズス菌を増やし腸内環境を整え便秘改善に効果があります。

 

フラクトオリゴ糖を便秘対策として摂取するなら、1日3gを目安に摂取しましょう。

 

サトウキビや牛乳の乳糖に含まれる乳果オリゴ糖も腸内の善玉菌を増やす効果があり、便秘対策によく用いられます。

 

乳果オリゴ糖は便をやわらかくする効果はあるものの下痢を起こしにくい特徴があるので、便秘対策として初めて使用する方でも安心して摂取できるでしょう。

 

乳果オリゴ糖の摂取量は1日5gを目安にしましょう。

 

オリゴ糖を摂取する際の注意点

 

オリゴ糖は便秘対策に優れた効果を発揮するので、1日にたくさん摂取するとお腹を下してしまうことがあります。

 

お腹が痛い女性

 

便秘を早く解消したいとしても、1日に最適な摂取量を守り、まずは毎日続けて摂取し様子を見てみましょう。

 

お腹がゆるくなるのが心配な方は、1日1gから摂取してその後摂取量を増やしていくことをおすすめします。

 

1gは小さじ半分以下のごく少量ですが、それでも便秘対策に効き目を発揮するでしょう。

 

オリゴ糖には種類があり、一人一人が持つ善玉菌の種類も異なるため、どのオリゴ糖が善玉菌のエサになりやすいかは人により異なります。

 

そのため、摂取する際には1種類だけではなく、複数のオリゴ糖が含まれているものが便秘対策には効果的です。

 

オリゴ糖を摂取するタイミングは?

 

難消化性オリゴ糖は、胃や小腸で吸収されにくく、大腸で吸収されます。

 

食事と一緒に摂取したり、料理の調味料として使用するなら、より大腸まで届いて善玉菌を増やすことができます。

 

食事以外でもおやつの時に摂取してみるのも良いでしょう。

 

頑固な便秘に悩まされている方は、寝る前に飲むのが効果的な場合もあります。

 

オリゴ糖の効果の現れ方や、最適な摂取量は人により異なるため、自分に合った最適な摂取方法を見つけて、毎日の生活でオリゴ糖を便秘対策として用いていきましょう。